おいしくて、ボリュームたっぷり!

八方ゴンドラ駅へと向かう道に位置するロケーションは、数多くのスキーヤーやアルピニストのお腹や心を満たす、レストランとして利用されてきました。
都会とは違い山の恵みがすぐ手に入る事、古道塩の道を使い日本海から運ばれた海産物のルートは現代では国道で約1時間という地理要因は海の幸にも意外と近く素材には恵まれ、季節毎のメニューが楽しい。
洋食の形にはまらず、気軽に食べたいメニューがあるのもHTM HAKUBA HOUSEならではのサービス。オーナーシェフの人柄も好評をいただいています。

「HTM HAKUBA HOUSE」名前の由来。

1998年に長野冬季オリンピックが開催され白馬でもスキー・ジャンプ・ノルディック等 数多くの競技が開催されました。オリンピックには選手はもちろん大会関係者をはじめ、世界から有数のスキーメーカーが白馬に集まりました。
その中でも人気スポーツブランド「HEAD」スキーチームの拠点として、当館はHTM HAKUBA HOUSEと呼ばれ大会中多くの関係者が集う場所として活躍しました。HEADとオーナーシェフとお互いの信頼や感謝の気持ちは、その後も続きHTM HAKUBA HOUSEの名称はその証として残されました。


The origin of the name of “HTM HAKUBA HOUSE”

The Nagano Winter Olympic was held in 1998 and many games like Alpine ski races, Ski Jump competitions and Nordic races were held in HAKUBA. Many people from the world gathered here in HAKUBA during the Olympics. Our house was called “HTM HAKUBA HOUSE” during the Olympics because it was used as the foothold of the famous sport brand “HEAD” Ski Team. Due to the trust and thanks between HEAD and the owner of the house the name “HTM HAKUBA HOUSE” was left as the proof of friendship.